出入番頭とは



 
  • ハンディターミナルによる高速QRコード入力
 
  • 正確な【設置台情報】の把握と共有
 
  • 正確な【在庫台情報】の把握と共有
 
  • 「セル」「枠」個別管理機能
 
  • 検定期限の把握
 
  • 各種検定書類・中古機書類生成機能(オプション)








 出入番頭の特徴  
 コスト高機能
出入番頭は現場の要求に応えるべく機能の充実を図ると同時に、徹底してコスト削減にもこだわります。
その取り組みの一つが、ハンディターミナル(H/T)の通信コスト削減。携帯電話一体型H/Tはどうしても回線使用料(パケット定額)が発生してしまいますが、無線LAN通信網を拠点に構築すれば、既存のインターネット回線を使用して月額通信コスト0円でQRコードのスキャン業務が行えます。出入番頭では、さまざまなH/Tに対応すべく、日々改良を行っております。
 
 々進化し続けるシステム
出入番頭は今話題の「クラウドコンピューティング」の概念を取り入れ、開発されました。ユーザーは、PC上でウェブブラウザを起動し、管理画面にログインして業務を行います。 システムの実体(プログラム・データベース等)は、愛知県名古屋市の出入番頭データセンターに存在するため、システムに新機能が追加された場合、その日からご利用いただける状態になっております。
 
 界標準に準拠
出入番頭で出力される各種検定書類や中古機書類は、すべて所轄や全国の遊商で認可をたもの。書類作成はスピーディーに。浮いた時間でクリエイティブな作業を。